> ホーム > 製品 > Precise > Precise for J2EE/.NET

トランザクション・
  パフォーマンス・
    マネージメント製品

会社

製品の紹介

トランザクション・パフォーマンス・マネージメント製品

 Precise for J2EE/.NET(Precise for Middle-tier)

ご購入について よくあるご質問 サポート Preciseパートナー


logo_precise.gifPrecise for J2EE/.NET(Precise for Middle-tier) によって、アプリケーション層のパフォーマンスを最適に管理することが可能になります。 Precise for Middle-tierは、パフォーマンスの問題が実際にアプリケーションへ目に見える形で影響を及ぼす前に、先回り的にモニタリング、診断、検出、 修正するために必要なすべてのツールを提供します。

Precise for J2EE/.NETがサポートしているアプリケーション サーバーは次のとおりです。

  • JBoss、Tomcat、Weblogic、Websphereを含む(ただしこれらだけに限られません)J2EE
  • Microsoft .NET

Precise for Middle-tierによって、ITスタッフはHTTPプレゼンテーション ロジックを原因とするボトルネックをピンポイントに識別し、Webサービス、 EJB ビジネス ロジック(J2EE)、JDBC データベース コール(J2EE)、ADO.NETデータベース コール(.NET)を呼び出すことができます。 また、Precise for Middle-tierはカスタムの自社構築アプリケーション コンポーネントおよび他のサードパーティ ライブラリ、コンカレント ロードおよびメモリ使用もモニタリングします。
Precise for Middle-tierでは、数多くの方法でデータがお互いに関連付けられます。 たとえば、Precise for Middle-tierはアプリケーション コンポーネントとデータベース リクエストをエンドユーザー リクエストと関連付けることで、 アプリケーションのパフォーマンスとスケーラビリティ(拡張性)をエンドユーザーのニーズの観点から見たユニークな情報をITスタッフに提供します。 また、Precise for Middle-tierはアプリケーション コンポーネントとデータベース アクティビティを関連付けることで、中間層とデータベース層の間のボトルネックを分離します。 Precise for Middle-tierによって、ITスタッフは個々のサービス リクエストからどのSQL文やストアド プロシージャが呼び出されたのかを識別し、 完了までにどれくらいの時間を要したのかを明らかにできます。 さらに、Precise for Middle-tierは応答時間および他のパフォーマンス評価基準への影響力が大きな要因を、自動的にランク付けします。 ITスタッフはこのランク情報を使用して、問題の根本原因へ即座にドリルダウンできます。



▲ このページの先頭へ

Copyright ©  2007 Data on Demand Software Corporation. All Rights Reserved.