> ホーム > 製品 > Precise > Precise for ERP

トランザクション・
  パフォーマンス・
    マネージメント製品

会社

製品の紹介

トランザクション・パフォーマンス・マネージメント製品

 Precise for ERP

ご購入について よくあるご質問 サポート Preciseパートナー


logo_precise.gif Precise for ERPによって、御社のERPアプリケーションのパフォーマンスを最適に管理することが可能になります。 Precise for ERP は、パフォーマンスの問題が実際にエンタープライズ環境へ目に見える形で影響を及ぼす前に、先回り的にモニタリング、診断、検出、 修正するために必要なすべてのツールを提供します。

Precise for ERPがサポートしているアプリケーションは次のとおりです。

  • Oracle Applications
  • SAP
  • Peoplesoft
  • Siebel

Precise for ERP は、ERP管理者がERPアプリケーションの問題の原因を正確に識別するための支援を提供する、唯一のツールです。 アプリケーションを調整するためには、対象のユーザーとプログラムを識別し、その挙動およびステートメントの処理に関係するリソースの消費状況を検証する能力が求められます。 このような背景から、パッケージ化されたアプリケーションの調整にはいくつかの問題が伴います。 まず、OracleにおいてERPアプリケーションは1つのユーザーIDまたはいくつかの少数のユーザーIDおよび少数のプログラム名のみで識別されるので、 問題のあるSQL文があった場合でも、そのSQL文を実行したユーザーやトランザクションを特定することができません。 次に、ERPトランザクションが実行したトランザクションはほぼ変更できないので、調整対象として焦点を当てられるのは、 これらのSQL文が参照するオブジェクトのみということになります。

Precise for ERP は、御社が使用しているアプリケーション パッケージ コンポーネントの挙動とリソース消費に対する明示的情報を表示することで、 ERPアプリケーションの調整に伴う制約をなくすソリューションを提供します。これによって、リソースの消費量が大きいERPユーザーやトランザクション、 レポートなどを明らかにできます。リソースの消費量が最も大きな要因を識別したら、その原因にドリルダウンし、実行されたSQL文およびアクセスしたデータベース オブジェクトを調整できます。



▲ このページの先頭へ

Copyright ©  2007 Data on Demand Software Corporation. All Rights Reserved.