トランザクション・
  パフォーマンス・
    マネージメント製品

会社

製品の紹介

トランザクション・パフォーマンス・マネージメント製品

 Precise

ご購入について よくあるご質問 サポート Preciseパートナー


PreciseV9.0


Preciseは、ミッションクリティカルなアプリケーションを監視する。
  • 物理・仮想化ティアで構成されたハイブリッドなインフラに対応。
  • QoS(Quality of Serviceは、「アプリケーションごとに優先順位を決める」こと)管理を可能とする。
クリックで拡大表示

Preciseは、リアルタイムなヨランザクションの監視を可能とする。
(上の図の左下の図)
  • 30秒単位で可視化。
    • Web, J2EE, および.NET
    • Java側からデータベース監視(SQL, バッチ)
    • Webサービス
  • 実行中のトランザクションを可視化。
  • エージェント無でメインフレーム/CISC等のバックエンドを可視化。

Preciseは、VM上で稼働するJ2EEアプリケーション監視データを持続保持する。
(上の図の右の図)
  • 不活性なJ2EEの過去データが見える
クリックで拡大表示

主なモジューのルと特徴

Precise for J2EE & .NET

  • 簡単なナビゲーションと位置確認のコールツリー表示。
  • JVMのクラスタレベルで集約されたパフォーマンス情報提供。
  • Findindsベースのフロー : パフォーマンスFindingsは、顕著なパフォーマンスの問題を強調表示します。また、問題点の解明とさらなる調査のために推奨される方法も示されてます。
  • アプリケーションまたはトランザクションの応答時間において最も重い原因を探し出すためのフローを即時の表示。
  • Javaから呼び出されているSQLのデータベースインスタンスの識別する。
  • メモリのグラフ: メモリ関連の問題を即時見抜きます。
  • より高い性能問題の特定: すべてのメソッドに対して、簡単にトランザクションの一部である呼び出し元のメソッドの影響を分析します。
  • 全体的なパフォーマンスに与える影響の分析のためにメソッドのエントリポイントと終了ポイントを統合。
  • SLA違反をクリアに表示します。

Web Apache Webサーバ監視機能改善

  • ダイナミックインストルメンテーションがApache Webサーバで可能。
  • HTTP POSTパラメータによるトランザクションのパフォーマンスは、Apache Webサーバー(Precise for WebおよびSmartLink)に対しても集約して見ることができます。
  • Apache Webサーバーは、ネイティブおよびJavaアプリケーションの両方のフロントエンドとして構成できます。

リアルタイムトランザクションのトラッキング

  • トランザクションは、Web、J2EEおよび.NETおよびそれらのデータベース層の呼び出しを30秒の時間間隔でSmartLinkにより表示されます。デフォルトのタイムスライスはSmartLinkで30秒になりました。必要に応じて、タイムスライス期間は5分に設定することができます。
  • SmartLinkは実行中のトランザクションを表示し、HTTPエラーで完了したトランザクションが反映されます。

Precise for SAP

SAP運用担当とベーシス管理者は、シームレスにSAPとWeb層を通じてSAP Javaスタック、ABAP RFCコールスタックおよびデータベース層と中間層のストレージダウンを追跡することができます。

Precise for Oracle - Oracle Apps

Oracle SQL文のチュニングにおいて、実行計画の中で最も重いステップを自動的に表示・指摘します。すなわち、ピンポイントでパフォマンス問題の最も可能性の高い原因示します。自動Fingingsと計算インデックスなどの解決のための提案は、SQLパフォーマンス低下の解決までの時間を最短化します。ステップレベルでのアクティビティをハイライトするPlan統計は基本的なパフォーマンス問題の根本原因を分析する作業を大幅に加速させます。

Precise for SQL Server - DB2

SQL Serverインスタンスの監視は、インスタンス名を指定せずに、サーバー名とSQL Serverインスタンスのポートを指定することで確立することができます。

Precise for Storage

EMC Solutions Enabler(SYMAPI)との統合化およびPreciseストレージエージェントのインストール時の検証が強化され HP/IBM・HDSなどのストレージ モニターパフォーマンスの向上。

SmartLinkとは

トランザクション単位に相関関係を付け,応答時間の各層における滞留時間を明らかにします。

title="クリックで拡大表示"




▲ このページの先頭へ

Copyright ©  2007 Data on Demand Software Corporation. All Rights Reserved.