> ホーム > 会社 > プレス・ルーム

会社

プレス・ルーム

問合せ先

会社

ニュースリリース
2008年7月14日

BPM(Business Process Management)市場に注力した
アライアンスを強化します。

データ・オンデマンド ソフトウェア株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:北條丈巳) は、システム間連携ニーズの高いBPM(Business Process Management)市場に注力し、コンサルタント、ベンダー、SIerとのアライアンス強化を図ります。

BPMの市場ニーズは年々高まり、BPMの定義もより広義なものになってきています。 データ・オンデマンド ソフトウェアが日本総代理店として取り扱っているPervasive Software社(本社:米国テキサス州オースチン)製のETL/EAIツール「Pervasive Data Integrator」を活用することで、各種BPMツールで実装された業務プロセスから発生する承認データなどの各種データとその後続処理を行うシステムとのシームレスなデータ連携を構築することが可能です。 まずは、システム化前に必須となる業務コンサルタント分野において、業務分析からマニュアル作成まで独自のノウハウにより数多くの実績を持つグレイステクノロジー株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:松村幸治)と協業し、両社の特色を補完しあい既存顧客および新規顧客への提案活動を開始いたします。

グレイステクノロジー株式会社について

2000年設立。マニュアルなどのドキュメント作成業務を中心としながらも斬新なアイデアで「e-manual」、「SmartPartner」など数々の業界初の新サービスを提供。マニュアルを作成しても使用率が低いというユーザの声からBPMに着目。それまでの経験を活かし、業務分析、業務改善、ワークフロー化などのコンサルティングサービスを手掛ける。

http://www.g-race.com




Copyright ©  2007 Data on Demand Software Corporation. All Rights Reserved.